間人ガニは京都府の丹後半島にある間人港で水揚げされたズワイガニのことをいいます。 幻のカニと呼ばれる高級ブランドに指定されており、価格も一般的なズワイガニより高いです。 間人ガニは沖合いの近い漁場で水揚げされるため、他のズワイガニよりも鮮度が良いと評判です。 そのため、刺身にして食べても美味しくいただくことができます。 どうして幻のカニと呼ばれているのかというと水揚げ量が少ないからです。 小型の船で、しかも船の数も少ないので、獲れる量が限られています。 こういった理由から幻のカニと呼ばれているのです。 そして、間人ガニを一度食べたら他のカニを食べられなくなるといわれるほど味が他とは違います。 同じズワイガニでも全く味が異なるので、わざわざ間人ガニを食べるためだけに現地まで行く人も珍しくないです。 解禁日は他のズワイガニと同じなので、11月上旬から3月下旬までとなっています。 旬の味を楽しみたいなら解禁日に合わせて食べるようにしてください。